定時で帰るために必要なこと

看護師や介護士といった医療職や介護職に携わる人は、思わぬ残業に見舞われることが少なくありません。いくら誇りを持って働いている仕事といえども、オフの生活をないがしろにしたくはありませんよね。では、どうすれば残業をせずに仕事を終えることができるのでしょうか。
一つ目は、先を読んで行動するということです。定時までに仕事を終わらせるためには、今から何をしなければいけないのかを常に計算しながら動くのです。漫然と仕事をするのではなく、時間を区切って予定を立てるだけで、随分と時間をうまく使いこなすことができるようになります。残業をしないためには、ちょっとした努力が必要なのですね。
ただ、看護師や介護士の仕事で厄介なのが夜勤です。これがあるとエンドレスで仕事が続いたりすることがあります。ですので、夜勤に入った時には、日勤の人の仕事を無理に手伝わないことが必要です。周りが忙しそうにしていると、つい手を貸してあげたくなるのが人情ですが、そこはぐっと我慢をして自分の仕事だけに集中してください。いつまで経ってもキリの良いところがわからず、エンドレスで日勤と夜勤の仕事の双方をするはめに陥ってしまうのです。日勤の方の業務を手伝わないだけでも、無駄な残業を防ぐことができます。
自分の私生活を守るためにも、残業をしないための行動は怠らないことが必要です。後ろめたいとは思わず、それも能力の一つだと考えて動くようにしましょう。
また、自分の状況と<医療職だって残業なしで帰りたい!>を照らし合わせてなぜ残業が起きてしまうのかを理解して、それに見合う解決策を自分で探してみるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です