協力の意味を履き違えない大切さ

 高齢化が進む日本社会では介護業界で働いてみたいという人が多くなってきましたが、依然として人材不足にあえいでいる職場が多いのが事実です。そのため、どうしてもオーバーワークになりがちであり、残業が多くなってしまう職場も多数あります。その状況を打開しようと職場作りに取り組んでいる介護現場も多くなりました。
 その一つの方針として良く挙げられるのがスタッフ全員でうまく協力して仕事をしていこうというものです。しかし、それでもなお残業が多くなってしまうという現場も少なくありません。その際に良く考えてみた方が良いのが協力の意味を履き違えていないかということです。
 残業をしないためにはスタッフが皆しっかりと仕事をすることは大切ですが、残業をしないために協力をする以上は、互いの職能を理解して効率的に仕事を行えるようにすることが欠かせません。介護業界では看護師や介護士が活躍していますが、互いが互いに職能を理解して、適材適所で仕事をするようにしないと効率は上がっていかないでしょう。本来の職能に合った仕事ができるように仕事の共有を行っていくのが大切です。
 看護師が介護士の行うべき仕事はできるだけ行わないで済むようにし、逆の配慮も行っていくことが重要になります。そのためには仕事を一人で抱え込むのではなく、共有して互いに自分が能力を発揮できる場所で働くように協力することが必要なのです。仕事の効率を上げるために協力の意味を履き違えないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です